一般社団法人半導体産業人協会


エスタップ(STaP)委員会

会員参加型受託事業
STaPはSSIS Talent Promotionの略称

2018年5月更新

受託事業ページへ

2018年活動方針

今年も昨年を上回る活動レベルを目指します。

具体的には、

  • 発注元10社・団体以上、プロジェクト参加人数20名以上、
    予算275万円の達成(翻訳、社内教育、コンサルテングに注力)
  • 新規事業の開拓と受注  
    各賛助会員も案件継続フォロー、非賛助会員へのアプローチ、中小企業/新規事業 
    開拓案件等に関するコンサルテング
  • STaP委員会メンバ-の拡大  
    STaP事業参加にご興味のある方は、分野を問わずSSIS事務局(info@ssis.or.jp)、 
    またはSTaP委員会(stap@ssis.or.jp)にお気軽にコンタクト下さい。)

皆様のご指導・ご支援をよろしくお願いします。

2018年活動状況

4月10日現在

発注元・団体数=7、プロジェクト参加人数=12,予算額進捗率=36%.。
翻訳・社内教育・コンサルテングの3分野で活動を拡大中。
新規事業の一つである、カスタムIC化支援PJについては、賛助会員と共同運営のFTK分科会を
3月末で一旦中止し、4月以降SSIS内部でPJの継続と深耕を図る事としました。

3月

新規事業分野である、コンサルテングを今年になり3件受託しました。   
ビジネスモデル化の構築とともにSTaP事業に弾みがつきました。
*EOL製品の新たな供給元を紹介
*市場動向や応用分野・技術動向の紹介
*技術動向や市場の説明及び検討

2017年総括

受注実績 受注件数27件、発注元9社・団体、プロジェクト参加人数19名、プロジェクト内訳は
社内教育と翻訳。対予算金額達成率180%。

IC化支援事業をスタートさせました。

ページTOPへ

ミッション

本委員会は「会員のビジネスチャンスの発掘」と「協会への財務的寄与」を目的として有償でビジネスを請負、会員とともにこれを遂行いたします。

SSIS会員参加型事業のスキームおよびSTaPビジネスフローは以下の通りです。
SSISが顧客から仕事を受託、本委員会が会員の中からプロジェクトマネージャ(PM)を選出し、事業を推進いたします。プロジェクトマネージャは必要に応じ会員からプロジェクトスタッフ(PS)を選出します。
この事業を推進するためには会員の業務経験をデータベース化しプロジェクトマネージャおよびプロジェクトスタッフの選出を行う必要があります。
本STaPビジネスの主旨にご賛同をいただける方々に業務経験マップの作成をお願いしております。

SSIS会員参加型事業のスキーム図

SSIS会員参加型事業のスキーム図 受託事業ページへ

STaPビジネスフロー図

STaPビジネスフロー図 受託事業ページへ

ページTOPへ

業務経験マップ

フォーマット閲覧にはSSIS会員IDとパスワードが必要です。

登録は、メール (info@ssis.or.jp)、FAX(03-6457-3246)、または
郵送(〒160-0022 新宿区新宿6-27-10 塩田ビル202 SSIS事務局宛)いずれも可です。

業務経験マップフォーマット(会員専用)はこちら

各種帳票

各種帳票閲覧にはにはSSIS会員IDとパスワードが必要です。

各種帳票ダウンロードはこちら(会員専用)

STaP委員会のメンバー

委員長
吉澤 六朗
副委員長
末田 昭洋、伴 敏
委員
井入 正博、木村 行裕、永塚 幸夫
アドバイザー
伊藤 達、市山 壽雄、内海 忠、加藤 重道、喜田 祐三、橋本 浩一、馬場 久雄

ページTOPへ

委員会メールアドレス

stap@ssis.or.jp

受託業務への参加希望および受託業務のご紹介があれば、このメールアドレスにご一報下さい。

ページTOPへ